今回の改正では、相続する宅地等の評価額を減額できる「小規模宅地等の減税特例」に関しても見直しされます。

減税

平成27年1月1日から、相続税の税制が大きく変わります。基礎控除額の引き下げにより、相続税の課税対象者も課税額も拡大します。ですが、適用条件に当てはまれば、この増税分を補ってくれる可能性がある制度もあります。

相続税

1. アイランドキッチン
ぐるりと廻れる動線が魅力のキッチンスタイルは、左右どちらからでも出入りできますので、ご家族も自然とキッチンに集まりやすくなりま  
す。

2. 家事コーナー
奥様専用のフリースペースをキッチン周辺に設けることで、家事の合間の時間を有効活用できます。リビングやダイニングの見えない位置に配置すれば、作業の途中で散らかったままでも安心です。

3. サービスヤード
キッチンの動線上に設けた勝手口の外には、屋根付きのサービスヤードを設けると便利です。雨に濡れにくいので、臭いのもととなる生ゴミやかさばるペットボトルなどの一時保管場所に最適です。

4. 水廻り動線
お弁当作りや家族の送り出し、洗濯など朝は女性にとって最も忙しい時間帯となります。そんな慌ただしい朝が少しでもラクになるように、キッチンに隣接して水廻り動線や階段を配置すると、最短距離かつ短時間で家事を進めることができます。

家族にやさしい
対面キッチンなどでは、扉を開け閉めする音やシンクの水音がリビングでくつろぐ家族のストレスになることがあります。しかし、静音タイプなら、そんな心配も不要です。また、耐震タッチがついた吊戸棚など、万が一に備えたキッチンなら安心です。

ラッチ

きれいに片付く
鍋やフライパンから調味料まで、大きさも形もさまざまなモノが集まっているキッチンは、油断するとモノがあふれがち。しまうモノに合わせてすっきり収納でき、出し入れがしやすい工夫を凝らしたキッチンなら、料理や後片付けもスムーズになります。

吊り戸