住まいの断熱性能に大きく影響する窓。
最近の窓ガラスは、複層ガラスが主流です。
複層ガラスは、ガラスとガラスの間に乾燥させた空気層があり、熱を伝わりにくくしています。さらに熱の伝わりにくい窓ガラスは、Low-E複層ガラス(アルゴンガス入り)、空気層にアルゴンガスを充填したガラスです。
乾燥させた空気層よりも1.5倍の断熱効果があるそうです。
※アルゴンガスは、空気中に存在する気体なので、ガラスが割れガスが漏れても問題ありません。