”心地良い距離感”で家族がつながる、イマドキ二世帯住宅

 

親の家の建て替えであれば土地代がいらない、家事・育児で協力できる、近くでお互いを見守れる、親・子・孫の三世代で楽しく暮らせるなど。それぞれの世帯に多くのメリットをもたらす二世帯住宅が今、注目を集めています。そこで「心地よい距離間で家族がつながる、イマドキ二世帯住宅を叶えるためのプランニングのヒントをご紹介します。

 

~メリットとデメリットをしっかりと把握しておく~

 

二世帯住宅には、お互いの世帯に様々なメリットをもたらします。
例えば経済面でいうと、住宅資金やローン返済で協力できたり、親の土地に建てるのであれば土地代が不要となったりします。
また、心理面からいうと、一緒に暮らすことによる安心感、子育てや家事の協力、留守を頼むことができるなど、挙げていけば数多くのメリットが期待できます。

 

ですが、その反面、世代も考え方も違う家族が共にくらすわけですから、文化や価値観、ライフスタイルの違い、過干渉などから、ちょっとした行き違いや我慢、遠慮をしなければならない出来事が起きてしまうかもしれません。

 

そういった二世帯住宅ならではのデメリットをあらかじめ把握し、対策を講じておくことで、お互いが無理せず協力しあいながら暮らしていける理想的な二世帯住宅が実現できそうです。

 

メリット

 

 

イマドキ二世帯住宅③に続きます。

 

 

住宅のお問い合わせはクレバリーホーム大分店 0120-146-908まで。
女性の1級建築士があなたの理想の家をお手伝い致します。