心地良い距離感”で家族がつながる、イマドキ二世帯住宅

 

親の家の建て替えであれば土地代がいらない、家事・育児で協力できる、近くでお互いを見守れる、親・子・孫の三世代で楽しく暮らせるなど。それぞれの世帯に多くのメリットをもたらす二世帯住宅が今、注目を集めています。そこで「心地よい距離間で家族がつながる、イマドキ二世帯住宅を叶えるためのプランニングのヒントをご紹介します。

 

~理想のプランニングを叶える5つのポイント ~

 

具体的に間取りにどのように反映させるかは、設計に入る前の話し合いで確認した「どのくらい共有するか」から導き出します。
二世帯住宅をプランニングしていくためには、これから挙げる5つのポイントが重要になります。

 

ポイント1 「共有と分離の使い分け」

 

間取りの中で、共有か分離かが問題となるのは「玄関」「キッチン・ダイニング」「浴室」です。

 

まずは、「玄関」から。


子世帯が息子家族か娘家族かによります。
息子家族であれば共有が、娘家族の場合には、ご主人の独立性を重視して分離にする場合が多いようです。
ただし、共有する場合でも、勝手口を両世帯に設けるなど、家の中ではお互いの家族の独立性を重視して分離にする場合が多いようです。

 

お次は「キッチン・ダイニング」です。


共有、分離のポイントは「夕食を全員でとるか、家族ごとにとるか」です。
すべて別であれば、世帯別のキッチンに。夕食は一緒、朝昼は別なら、夕食の支度を主に担当する世帯にメインのキッチン、他方の世帯にサブキッチンを設けます。
朝昼夜すべて一緒にあればキッチンは一つに。

その際、冷蔵庫を別にしておくと、娘家族と同居の場合は、ご主人への配慮になります。

 

最後は「浴室・サニタリー」です。


家の規模や家族それぞれの入浴時間、入浴スタイルから判断します。共有の浴室なら子世帯にシャワールームを設けると便利です。
サニタリーを共有するなら2ボウルの洗面化粧台、二つの洗濯機の配置がおすすめです。

 

イマドキ二世帯住宅⑤に続きます。

 

 

住宅のお問い合わせはクレバリーホーム大分店 0120-146-908まで。
女性の1級建築士があなたの理想の家をお手伝い致します。