キッチンの動線を左右するのは、I型L型などのレイアウト!

さまざまなスタイルがありますが、自分の作業スタイルや性格を考え相性のいいタイプを選ぶことが大切です。


※「ワークトアイアングル」 シンク、冷蔵庫、コンロで三角形をつくり、三辺の合計が3.6m~6.6mが理想の距離です。

 

A型 扇型に広がるゆとりの作業スペース


Lの角に収納スペースを足して、コーナーを斜めに広げたA型。
立ち位置が一点なので、移動が少なく作業がラク。左右にも奥行にもゆとりがある。
目と手が行き届きスペースを余すことなく使うことができる。

 

Ⅱ型 狭いキッチンにもOKのコンパクトタイプ


間口のとれない空間にも設置でき、収納や作業スペースを広くとることができる。
家族で作業する場合、2列の間隔は広めがベター。
シンクと加熱器が背中合わせなので、小さな子供を見守りながらの作業には注意が必要です。

 

L型 シンクとコンロが近く作業動線もコンパクト


コーナー部分を活かして広い作業スペースがとれるうえ、動線もコンパクトになるレイアウト。
シンクとコンロを近づけて直角に配置すれば、あまり動かなくても体の向きを変えるだけで作業ができ、作業効率がアップします。

 

I型 横一列のレイアウト。動線はシンプルな横移動


シンクやコンロを一列並べた基本的なレイアウト。狭い空間にも配置しやすいのが特徴。
動線はシンプルな左右の直線移動になる。
開口をひろげすぎると動線が長くなり、作業効率が悪くなるのでよく検討うる。

 

アイランド型 四方がオープンだからどこからでも出入りでがラク


キッチンの中央に島をもうけI型やL型などのキッチンと組み合わせるレイアウト。
アイランドの周辺は四方がオープンなので、出入りの動線がスムーズ、家族や来客などと大勢で料理を楽しみたい人にも向いている。