現代の新築住宅では、メーターモジュール又は尺モジュールでタタミのサイズが異なります。

しかし昔は地域によって、タタミのサイズが異なりました。
大きく分けると、西日本に多い「京間」191.0㎝×95.5㎝、静岡より北に多い「江戸間」176.0㎝×87.8㎝、そして東海地域に多い「中京間」182.0㎝×91.0㎝
タタミ発祥の地「京都」では家をたてるときに、タタミを並べてから部屋の大きさを決めていたため「京間」が一番大きくなったそうです。
また、「中京間」は効率化を図るために、家を建ててから柱と柱の間にタタミを敷いたので京間よりも小さ目になったそうです。