クレバリーホームは、在来軸組工法と枠組壁工法の長所を組み合わせたハイブリット工法を採用しています。
この工法は、合理化システム認定工法の「S&CシステムSPG構造」と呼ばれおり、最大の特徴は主要なグリッド柱を全て通し柱にする(一般在来工法の2~3倍)ことで、非常に高強度・高精度な住宅を建てられることです。
さらにこの構造をパネル構造(SPGモノコック構造)にすることで耐震性も飛躍的に向上しています。