一定のリフォームをすると所得税や固定資産税が軽減される「リフォーム減税」は、適用期間が延長され、さらに手厚くなっています。
減税制度は、自己資金でリフォームを行っても所得税の控除が受けられる「投資型減税」と、リフォームのためのローンの借り入れがある場合のみ利用できる「ローン型減税」があります。また、10年以上のローンを組んで行うリフォームは、「住宅ローン減税」の対象にもなり、10年間の最大控除額は400万円です。リフォームをする際は、これらのお得な制度を上手に利用しましょう。