床や天井、壁といった内装材はインテリアの印象を左右します。

色や質感を考えて自分の目指すお部屋をつくりましょう。

 

まずは、「床材」です。
フローリングの床材には、一枚の天然の木で作ったむく材と合板に薄い木を貼り合わせてつくった複層フローリングがあります。
むく材の良いところは、触感の良さと質感の良さです。お部屋のグレードも高めてくれます。
複層フローリングの良いところは、種類が多いことと、強度や耐水性に優れているところです。

 

次は、「色」です。
床や天井、壁の色はインテリアのベースとなる色です。
自分の目指すインテリアにあった色を選びましょう。
床>壁>天井の順に明るい色にすると解放感のあるお部屋になります。
アクセントとして、壁の一面だけに異なる色を使うのもメリハリがでます。

 

また、壁の下半分に腰壁を張ったり、間接照明を組み込んだ天井にすると雰囲気も良いですよ。

 

住宅のお問い合わせはクレバリーホーム大分店 0120-146-908まで。
女性の1級建築士があなたの理想の家をお手伝い致します。