室内で広い面積を占める床や壁、天井といった内装材はインテリアの印象を左右する重要な要素です。

1.まずは床材から内装を決めましょう。
 床材には一枚の天然木でつくられた無垢材。部屋のグレード感を高めてくれ、天然ならではの触り心地の良さが     あります。合板に薄い木を張った複層フローリング材は、強度や耐水性、耐滑性を備え種類が豊富にあります。

2.床⇒壁⇒天井の順に明るい色を選びましょう。
 順番に明るい色を選ぶと開放的な雰囲気になり、逆に天井を暗くすると実際の天井よりも低く感じます。

3.色や素材でアクセントを加える。
 例えば、壁の一面だけ色や柄を使ってメリハリある空間にしたり、腰壁やニッチをつけポイントを作るなど…