マイホームの地震対策として、家具を固定したり耐震マットを敷いたりしている方は沢山いると思います。
新築を計画する際に使い勝手やデザインを重視しますが、地震に強い家を造るには建物のバランスも重要です。
少し難しい話になりますが、建物には重心(平面形状の中心)剛心(水平力に対抗する力の中心)があり、この双方の中心が近いほどバランスが良い家となり、特殊な装置を付けなくても地震に強い家になります。
また、デザインに拘り過ぎて凹凸の多い建物は、重心と剛心が離れバランスが悪くなり地震に弱くなる可能性があります。