設置する太陽光発電システムの容量によって、2種類の買取制度「余剰買取」と「全量買取」があります。

「余剰買取」とは、発電した電力を家庭で使い、余った分だけを電力会社が10年間固定価格で買い取ってくれる制度。

「全量買取」とは、発電した電力をすべて20年間固定価格で買い取ってくれる制度。

※10kW以上の太陽光発電システムを搭載している場合は、どちらかの選択となりますが、10KW未満の場合は選べるのは「余剰電力買取制度」のみとなります。

                                                   クレバリーホーム大分店

売電