子どものためのスペースは、成長に合わせた居場所づくりを考えることが大切です。

1.安全性に配慮
 家具は耐震グッツで固定し、低いもので揃えましょう。万が一倒れた場合でも被害を最小限に抑えられるよう、家具の配置も重要です。

2.子どもが片つけやすい収納
 小さいうちは、蓋つきのBOXやカゴにとりあえず収納できる場所を用意し、成長したらアイテムごとに収納スペースを区分しましょう。ジャンルごとに色分けをしたり、写真やイラストを貼ると分かりやすくなります。

3.ベースはシンプルに
 成長に合わせてインテリアを変えられるように、ベーシックで明るい部屋にし、ファブリックでカラフルな色を選びポイントにしましょう。