これから家づくりを始める皆様に、ぜひ知っておいていただきたい建築の基礎知識が、

「建ぺい率」「容積率」「道路斜線と北側斜線規制」です。

覚えておくと、建築を予定している土地にどのくらいの大きさの家が建つのかを知る目安になります。

今回は、「建ぺい率」についてご紹介します。

 

建ぺい率とは?

  『土地の何%までを使って建物を建てることができるかの規定です』

 

建ぺい率とは、建物の建築面積の敷地面積に対する割合であり、住環境維持のため、敷地内に一定の空き地を確保するための規定です。

建ぺい率の対象となる建築面積は、建物を真上から見たときの水平投影面積を表します。

つまり、土地が100%だとすると、その土地の何%まで建物を建てて良いかを定めた規定となります。

一般的な住宅であれば、各階の床面積の広いものを建築面積と考えればほぼ問題ありません。

なお、軒や庇は原則として含まれません。

また、全面道路の幅員などで実際に建てられる建築面積が増減する場合もあります。

 

                        クレバリーホーム大分店

建ぺい率