これから家づくりを始める皆様に、ぜひ知っておいていただきたい建築の基礎知識が、

「建ぺい率」「容積率」「道路斜線と北側斜線規制」です。

覚えておくと、建築を予定している土地にどのくらいの大きさの家が建つのかを知る目安になります。

今回は、「道路斜線と北側斜線規制」についてご紹介します。

 

道路斜線と北側斜線制限とは?

  『隣地や道路に対して建物の高さを制限する規定です』

 

周囲の日照や通風を確保するために、建物には斜線制限が設けられています。

   道路斜線制限・・・・・・道路に接する建物の一定部分の高さを制限する規定

   北側斜線制限・・・・・・北側の隣地に対しての建物の高さを制限する規定

 

道路斜線

 

道路斜線は、敷地が接する道路の反対側から1mにつき1.25m上がる斜線内に建物をおさめなければなりません。

また、北側斜線は、真北の敷地境界線上5メートルの高さから、1mにつき1.25m上がる斜線内に建物をおさめなければなりません。

 

~まとめ~

家づくりには、様々な法規が絡んできます。

選んだ土地、もしくはこれから選ぼうとしている土地にはどんな法規が適用されるのか、基本的な内容だけでも知っておけば実際に家を建てる際の目安になります。

家づくりを進める中で「思い通りのマイホームが建たない」なんて状況を招かないためにも、是非一度ご相談くださいね。

                      クレバリーホーム大分店