お正月に神社やお寺にお参りに行き、今年一年幸せに過ごせるようにと祈願された方が多いと思います。
実は、家の中にも様々な場所に神様がいらっしゃいます。
昔は、家のいたるところにお札がはられていました。
火を使う台所には「火之迦具土神」(ひのかぐつちのかみ)もしくは「荒神」が火事を起こしたりしないように守ってくれていると言われています。
戸棚や柱の上には、「大黒様」がいます。よく家の中心の柱を大黒柱といいますが、大黒柱の上には「大黒様」が鎮座していると言われています。「大黒様」は商売繁盛の神様です。一般的に大黒様の置物は、頭より高い場所に南か東向けて置くとよいとされています。
水、特にお風呂神様は「天之水分神」(あめのみくまりのかみ)、トイレには「弁財天」の神様がいます。トイレを清潔に保てば、家庭円満、金運にご利益があると言われています。

家の中の神様にお参りしておくと、今年一年がさらに充実したものになるかもしれません。