作業が続くポイント同士を短く結ぶと効率アップにつながります。
食材を出す、洗う、切る、加熱する… 。と料理中は忙しい!こうした一連の作業をスムーズに進めるには、冷蔵庫、シンク、加熱機器の全面中心を結ぶ「ワークトライアングル」の間隔がポイントになります。三辺の合計が3.6m~6.6mに収まるのが理想の距離です。