出し入れにストレスを感じさせない収納を現実するためには、基本となるサイズやルールがあります。その基本を理解してk家族一人一人が使いやすい収納のカタチを実現しましょう。スッキリ片付いた快適な暮らしの基本になります。

使用頻度による収納のカタチ
  ・よく使うものは、目線からおへそまでの間に収納
  ・時々使うものは、軽いものは上に、重たいものは下に収納
  ・滅多に使わないものは、押し入れや納戸に収納

奥行による収納のカタチ
  ・奥行き15㎝は、コップ・調味料・文庫本・CD・DVDなど
  ・奥行き30㎝は、食器類・食材容器・洗剤・書類、薬箱、トイレットペーパー・ティッシュストック
  ・奥行き45~50㎝は、鍋・すし桶・TVゲーム・ペットボトルのストックなど
  ・奥行き60㎝は、スーツケース・スポーツバック・
  ・奥行き90~1000㎝は、季節の寝具、衣類ケースなど

 

,