クレバリーホームの代名詞とも言える外壁タイルは、重厚感を演出するデザイン性はもちろん、メンテナンス性も併せ持つことから「理想の外壁材」と言われています。

では、実際にメンテナンス性を高める性能にはどのようなものがあるのかご紹介いたします。

 

特長1  汚れを落とし半永久的に品質を保ち続ける

 

20年、30年と時を経ても変わらぬ美しさを保ち続ける外壁タイルの住まい。

その理由の一つに、素材がもともと持つ耐汚性があります。

親水機能を有するタイルの表面には、空気中の水分により薄い水の膜がつくられます。

そのため、ホコリなどの汚れが直接つきにくいので、雨水と一緒に自然と流れ落ち、いつまでも美しさを保ちます。

tairu1

 

特長2  天然素材だから、劣化・退色に強い

 

タイルは、原材料の土や石をおよそ1300℃という高温で焼き固めたもの。

天然素材を原料としているからこそ、その性質も石や岩と同様に安定しています。

強い陽射しや風雨にさらされても、劣化や退色を起こすことがほとんどありません。

促進耐候性実験でも、一般的な外壁材と比べてその性能は歴然。

タイルは、長い年月にわたり変わらぬ性能を保ち続ける、優れた外壁材です。

tairu2

 

特長3  コスト面でも住むほどにお得になる

 

耐汚性や劣化・退色といった耐久性に優れたタイル。

では、実際にメンテナンスにかかるコストはどのくらいお得なのでしょう。

塗り替えなどのメンテナンスにかかる費用を一般的な外装材の家と比べてみると、

40年で約340万円抑えられる計算となります。

外壁タイルの住まいは、まさに、住むほどにお得な住まいなのです。

tairu3

 

大好評のV-premiumですが、1月末までの期間限定となっています。

気になる方はお早めにクレバリーホーム大分店 0120-146-908 までお問い合わせくださいね。