家づくりの予算を考える際にわすれがちなのが、建物以外にかかる付帯工事費と諸費用の存在。
合わせて総予算の約30%を占めるこれらの費用を考えておかないと、大きな予算オーバーになることもあります。

 

~諸費用とは?~

 

「地盤調査費用」

 土地の形状、面積、高低差、地盤の強さなどを調査する費用
     5万~10万円前後

 

「建築確認申請費用」

 これから建てる建物が、建築基準法の規定に適合するものか審査してもらうための費用
   5万~20万円程度

 

「地鎮祭、上棟式費用」

 地鎮祭は、土地を清め神様を祀るための神事の費用
   2万~5万円程度
 上棟式は、建て方が終わったことを意味し、職人さんをもてなすお祝いをするための費用
   1万~数十万程度

 

「司法書士および土地家屋調査士費用」

 土地や建物の所在・形状・利用状況などを調査して、図面の作成や不動産の登記などを行うための費用 
   土地の所有権移転登記  評価額×1.5%
   建物の所有権登記  評価額×0.15%

 

「近隣のあいさつ費用」

 工事の始まる前や入居後に、ご近所さんへ挨拶へ行く際の費用
   1軒につき500~1000円程度

 

「引っ越し費用」

 新居へ移る際の引っ越し費用
 建て替えの場合は、仮住まいとの往復にかかる引っ越し費用

 

「水道加入費用」

 新しく水道を利用するために、水道工事を申し込むための費用
   数万~数十万程度(立地条件や自治体により異なる)

 

「家具・家電・照明・カーテンなどの購入費用」

 自分たちでそろえる場合に必要となる購入費用

 

「仮住まい家賃」

 建築中の住居となる仮住まいの家賃

 

「土地購入にかかる仲介手数料」

 土地を購入する際に仲介業者を通した場合にかかる手数料

 

「金融機関へ支払各種手数料」

 住宅ローンなどの融資を受ける際にかかる手数料

 

 

諸費用の内容は、地盤調査費から引っ越し費用、カーテン購入費用など多岐にわたります。
そのため、まとめて支払うということがないので、知らず知らずの間に出て行ってしまっていた、ということも。
そうならないためにも、これらの費用をすべてリストアップしてあらかじめ予算に組み込んでおくことが大切です。

 

住宅のお問い合わせはクレバリーホーム大分店 0120-146-908まで。
女性の1級建築士があなたの理想の家をお手伝い致します。