平成27年1月1日から、贈与税に関する適用要件や税率構造が改正されました。

それにより、さらに贈与をしやすくなりました。

今回は、贈与税の改正点についてご紹介します。

 

「相続時精算課税」の適用対象者の範囲が拡大されたり、

「暦年課税」の贈与者区分に応じて税率の変更が実施されました。

 

相続時精算課税

適用対象者の範囲が拡大されました。

zouyozei1

 

改正後、贈与者の適用対象が65歳から60歳に拡がりました。

また、受贈者の範囲もこれまでは配偶者や子だけだったのに対し、

新たに孫まで適用対象になり、贈与がしやすくなりました。

 

暦年課税

贈与者の区分に応じて税率が変更・細分化され、新たに20歳以上の子または孫に贈与する際の「特例税率」が新設されました。

kaisei2

 

 

一般税率は、1,000万円以上の税率区分が変更されました。

新たに直系尊属から20歳以上の子または孫に贈与する場合の特例税率が新設されたので、贈与税の負担が軽減される可能性もあります。

 

今回の税制改正で、贈与税とともに相続税も改正されました。

贈与税に関しては、適用対象者の拡大や税率構造の変更があり、贈与がしやすくなりました。

しかし、贈与する際は相続のことも見据えながら検討しないと、後々、思いがけない税金がかかる可能性もあります。

贈与や相続をお考えの方は、専門家に相談することをおすすめします。

 

                             クレバリーホーム大分店