家具の選び方で空間を広く見せよう!
部屋を広く見せるキーアイテムの一つが「背の低い家具」。目線を遮ってしまう背の高い家具はできるだけ避けましょう。座ったときの目線より低い位置に家具を配置しておくと、より部屋が広く見えます。また、窓の光りを遮る場所に大きな家具を置くと、開放感が損なわれるのでNGです。床をなるべく見せて動線に余裕をもたせたり、室内に大きな鏡を置くのも、空間を広く感じさせるのに効果的です。