先日、i-construction講習を社内開催しました。

(講師: 福井コンピュータ㈱) 

国土交通省は、建設現場の生産性向上を目的として、情報化を前提とした新基準「i-construction」を導入すると、2015年11月24日に表明しました。 

測量・設計から施工、管理に至る全工程において情報化を前提とした新基準が、2016年度より徐々に導入され、2020年には全ての案件が義務化になるようです。 

それを受け、当社は、今回のその新基準内容の説明を受けると共に、それに対応したソフト導入に向けて取り組む予定です。

講習風景2

 

講習風景

講習風景